猫の手舎では1年365日毎日、
金子みすゞさんの詩を
鈴木澪のイラストとともに発表しています。
今日のみすゞさんの詩は「硝子と文字」です。
ぜひ、みすゞさんの詩を読んでみて下さい。
鈴木澪と一部作曲家・大西進先生のコメントも読んでくださいね。
皆さまのコメントお待ちしています。

本日のみすゞさんの詩とイラストはこちらです。

やっと緊急事態宣言が解除になるようですが、新規感染者が何人かいたり死者も何人か出ている中で、なんだか不安の残る状態ではないかという気がします。
しかし今回のウイルス問題では中国とアメリカでは相互に批判しあっていて、真実は一体どうなんだろう?
そんなコロナ騒動とは別に、SNS関連でプロレスラーである女性が誹謗中傷を受けて自殺するという事件がありましたが、どうしてこうした「いじめ」のような行動をとる人間がいるんだろう?何で他人に対してもっと優しい気持になれないのだろう?本当に悲しくなりますね。

昨日は、近くの神社にお参りに行き「人形供養」の目的で出かけたのですが、やはり今はコロナウイルスの早期終息祈願を祈る人たちのお参りがほとんどのようでありました。
本当にやるせない物事だらけの人間社会です。なんとかならないの?
ピース