猫の手舎では1年365日毎日、
金子みすゞさんの詩を
鈴木澪のイラストとともに発表しています。
今日のみすゞさんの詩は「朝蜘蛛」です。
ぜひ、みすゞさんの詩を読んでみて下さい。
鈴木澪と一部作曲家・大西進先生のコメントも読んでくださいね。
皆さまのコメントお待ちしています。

本日のみすゞさんの詩とイラストはこちらです。

猫の手舎のある我が町は全国で一番詐欺被害の多い町と言われている。それは高齢者がたくさんいる町だからだそうである。
そんな高齢者に牙を向ける詐欺師どもは最低の人間だと思う。ネットのSNSを利用した詐欺事件も多く報告されている。
なぜ人を欺くことが平気でできる人間がいることが理解できない。
というよりむしろ心の中に悪が潜んでいるのが人間だ、と考えるほうが正解なのかもしれない。
たとえば、戦争などが起これば人を殺すことが平気になってしまったり、イデオロギーの異なる人たちを平気で非難したり、自分の宗教が正しくそれ以外は正しくないなどと思い込んでしまうことはみんな間違いだと思う。
本当の平和は「自分が一番悪い!」と考えることからスタートすべきなのでは?と僕ピースは思っています。
ピース