猫の手舎では1年365日毎日、
金子みすゞさんの詩を
鈴木澪のイラストとともに発表しています。
今日のみすゞさんの詩は「海のこども」です。
ぜひ、みすゞさんの詩を読んでみて下さい。
鈴木澪と一部作曲家・大西進先生のコメントも読んでくださいね。
皆さまのコメントお待ちしています。

猫の手舎の配信映像になります。
↓よろしかったらどうぞ!

金子みすゞ詩画集「夏編」

↓こちらをクリック↓

本日のみすゞさんの詩とイラストはこちらです。

本日は7月13日、昨年の今頃はかづを父さんは一人で草津温泉にいて、新しく購入したiPadの操作を覚えようと一生懸命でした。
iPadでJRバスの中からブログを発信したりもしていました。
そして、バスターミナルの上の階のある図書館で調べ物をしたり、ネット関連の操作を勉強していたのです。
初め、なかなかネットに繋ぐことができないでいたのですが、地元のサイトを調べ、自由にネットが利用できるようになって良かった。
やはり、なのか上手く行かないことがあっても、決して諦めず何度でもトライする気持ちが大切なことだということが良く分かりました。
その時は、西條八十の娘、西條嫩子(ふたばこ)の「父 西條八十」という本を片手に読みながらパソコン作業をしたことを覚えています。
ともかく、図書館の利用価値がぐんと上がったことになり、こんな嬉しいことはありませんでした。
しかし、現在は事情でそうしたことが出来ず、ちょっと不満なのですがまあその内なんとかなるでしょう。
それにしても、最近のファミレスなどがやたらタブレットで注文するシステムになってきて最初は面食らっていましたがこの傾向はしかたないのでしょうね。

今日もお読み頂きありがとうございました。
また明日もよろしくお願いいたします。
猫の手舎