猫の手舎、本日紹介の金子みすゞさんの詩は「世界中の王樣」です。

本日のみすゞさんの詩とイラストはこちらです。

久しぶりの更新となってしまいました。

いろいろなことで、イラストも文章も何も書けない状況となっていまして、

今日はやっとのことでこんなイラストを描いてみました。

それはラジオの深夜放送でシンガーソングライターの山崎ハコさんの特集をしていたのを聴いたからです。

彼女は自ら慢性膵炎といった病気を抱え、お酒やタバコはもちろん、コーヒーすら飲むことができない身体なのに、

精力的にライブ活動やエッセイを書いたりしているのに、この自分は一体何なんだ!と反省させられてしまいました。

世の中、色々なところで一生懸命に仕事や勉強でがんばっている人が沢山います。

私も現在の試練に向き合い、負けないように、と思っています。(澪)

本日のみすゞさんの詩とイラストはこちらです。

金子みすゞさんの本日の詩は「明るい家」です。

みすゞさんの本日の詩とイラストはこちらです。

今日のみすゞさんの詩は「明るい家」です。
現実とはかけ離れた世界、でも心の中にしっかりと作られた世界です。
みすゞさんの信念が満ち溢れていると言ってもいいかと思います。
私も同じく自分にしかない世界を持っています。

やはり、それは色彩も家具、調度品がバランス良く配置され、きわめて居心地がいいものです。
私は生きていてそれが最も大切なものであると思っています。
お金を掛けたり、贅沢をするということとはかけ離れた問題です。
でもそれは時々納得ゆかない部分があると、一晩中でも悩み抜いて朝を迎えたりすることもあります。
それは私にとって必然なのです。(澪)

みすゞさんの本日の詩とイラストはこちらです。

金子みすゞさんの本日の詩は「誰がほんとを」です。

本日のみすゞさんの詩とイラストはこちらです。

昨日は夫と吉祥寺に行ってウインドショッピングを楽しみました。
行く前に東伏見という所のリサイクルショップに寄ってお喋りをしましたが、狭い店内に品物が所狭しと並べられて、その中で店主の淹れてくれた珈琲をいただきながら品定めをしました。
私の目に止まったのは昔、子供の頃使ったセルロイドの筆箱。本物のセルロイドかは定かではありませんが”(確かに安くてニセモノっぽい)懐かしくて買い求めました。
子供時代の文房具ってみな懐かしいものですよね。下敷きというものも、今の子供達は使っているのかなあ?
モノは買わない、増やさない主義の最近の私ですが、筆箱はつい買ってしまいました。
筆は入れてなかったのに筆箱と言っていましたね。今はペンケースとでも言っているのかも。
シューズボックスも下駄箱と言っていました。私の子供時代は確かに下駄をまだはいていましたから。
でも学校へは靴で行っていましたけどね。
クリスマスプレゼントにビロードの赤い足袋が入っていた時代です
年を取るはずです。古き良き時代が恋しい私です。(澪)

 

金子みすゞさんの本日の詩は「ねんねの汽車」です。

みなさん、こんにちは!

今日は良い天気ですね。

本日のみすゞさんの詩とコメントはこちらになります。

https://nekonotesha.com/misuzu04/4-29/

また、猫の手舎のホームページはこちらです。

https://nekonotesha.com

 

金子みすゞさんの本日の詩は「お勘定」です。

本日のみすゞさんの詩とイラストはこちらです。

今日のみすゞさんの詩は「お勘定」と言っても、食事の後のあの「おかんじょう!」とは違います。
色々な数を数えることなんですね。
學校までの歩数が567歩でその間に電信柱が9本ある。実際、いまでもそれらの電柱は今も9本残っている。
って、どこかで読んだか聞いたかしたような気がします。

みすゞさんは文学だけでなく、科学者にでもなれそうな知識をたくさんの読書の中から学んでいたようですね。
当時のみすゞさんに会ってみたいと心から思います。
私が絵を描いて、みすゞさんが童話を書く、そんなことができたならとてもうれしいです。(澪)

本日のみすゞさんの詩とイラストはこちらです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ